top of page
  • 執筆者の写真笑下村塾

「霊能者にみてもらった」誰にも理解されなかったうつ病の過去

理解されなかったうつ病

「霊能者にみてもらった」誰にも理解されなかったうつ病の過去】


90年代に数多くのドラマに出演していましたが、当時からうつ病を抱えていたと告白されたいしだ壱成さんにお話を伺いました。


最初にうつ病を発症したのは中学生の時。

当時はうつ病について広く知られておらず、霊能者にみてもらったことも。周りには理解してもらえず、辛かったと当時を振り返りました。

うつ病の症状は人それぞれですが、1つ確実に言えるのは時間が解決してくれることだとお話されました。


5年前にうつ病を発症したときは、ご家族の存在が大きな支えになったとおっしゃいました。どん底で苦しかったとき、「頑張れ」といった励ましよりも「無理するなよ」「このままでいいから大丈夫だから」という言葉が心の支えになったといいます。


最後には「塞ぎ込んでしまうのは仕方がない。自分をいたわってあげてほしい。」と、今うつ病で苦しんでいる方にメッセージをいただきました。


笑下村塾では主権者教育の授業を行なっています

笑下村塾は「社会問題を自分ごと化し、行動する人を増やす」ことを目指す主権者教育を行う会社です。また、たかまつななチャンネルでは当事者の声を届けることで、現在苦しんでいる人にとっての居場所になれるメディアにするため発信を行なっております。

これからも今苦しんでいる方に少しでも寄り添えるような動画をお届けして参ります。



ーーーー笑下村塾よりお知らせーーーー

寄付募集!あなたの力で社会課題解決のために行動できる子どもを増やしませんか?

“もっとお金があれば、社会をよくできるのに。”

笑下村塾では、お金がある学校だけではなく、

地方の公立学校にも笑って学べる出張授業を届けたいと思っています。

今こうやって活動を続けられているのは、応援してくれる人がいるからこそです。

出張授業を開催する資金を集めるためにどうか、ご支援をお願いします。

※ご支援いただいたお金を使っていく無料の出張授業先の学校も募集しております。

寄付詳細はこちら

主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修をお待ちしております!

笑下村塾では主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修を常時お受けしております。

年度始めなどは、新入社員研修としても開催可能ですので、ぜひご興味がある方は下記までご連絡ください


小中高や大学、地方自治体、企業などさまざまな場所での開催が可能です!

詳細はこちらから




Bình luận


bottom of page