• 笑下村塾

正しい性教育を普及させるには? しみけんさん×たかまつなな



【vol.1】正しい性教育を普及させるには?


日本の性教育は妊娠や出産については学びますが、最も重要な性交については触れられず、世界に後れを取っていると言われます。また、家庭においても性の話はしづらい雰囲気があります。


身近な大人から正しい知識を得られない現代の子どもたちが頼る先は、インターネット。事実上の「性の教科書」となっているAVやアダルトサイトの動画は、過激な演出がされており、多くは現実的ではありません。それらをうのみにして未熟な知識のまま性行為に及ぶと、望まない妊娠の可能性があるほか、暴力的な行為に及んで(受け入れて)、主に女性が心身ともに深い傷を負う恐れがあります。


このようなことを防ぐためにも、今一度、正しい性教育について考える必要があると思います。


ということで、今回のゲストはセクシー男優・しみけんさん。しみけんさんは、現在もAVに出演する一方で、性教育の普及にも力を入れ、メディアでも積極的に発言されています。一見、相反する活動をしているようにも見えるしみけんさんが考える正しい性教育とは? また、性愛のプロが教える魅力的な女性とは?


自身が性教育に感じた疑問や、処女として思い悩むこともあるたかまつが直球で対談に挑みました!


Vol.1では、性教育の現状についてお話を聞きます。特にしみけんさん流「初めての性教育」は小さな子どもを持つお父さんお母さん必見!


プロフィール


しみけん AV男優として数々の作品に出演し、22年でその数約1万本。最近では昨年、人気ブロガー・はあちゅうさんとの事実婚でも話題に。今年9月、はあちゅうさんとの間に第一子となる男の子が誕生。


■処女が性教育をしても説得力がない?



―よろしくお願いします。


やらしくお願いいたします――これは僕なりのあいさつです。男優歴22年、AV出演本数1万本、セクシー男優のしみけんと申します。たかまつさんとは、共通の趣味であるクイズのサークルで知り合いました。


―初めてお会いした時に、「何してる方なんですか」って聞いたらAV男優って聞いて固まったんですが、「意外と乙女じゃん」って言われて、ちょっとキュンとしちゃいました。


たかまつさんが処女というのを、ファンは知ってるの?


―男性経験がないということで、テレビの企画でデートさせられたことはあります。あれから何もないです。


処女でもいいじゃないですか。たかまつさんに声を掛けていただいたライブ※で、一生懸命面白く伝わりやすいように話されているのを見て、すごく胸を打たれましたからね。


※今年2月のたかまつななの単独ライブ「お笑いジャーナリスト宣言」の話。性教育をテーマに、歌を作った。


―「性教育の歌」というのを作りました。


下ネタに歌、っていうのは、すっと入ってくるから相性がいいんだよね。大正解だと思いました。


―でも見に来ていた芸人さんとかに「経験がないお前に言われても、全然響かない」と言われました。性体験のない人が説得力のある性教育をするには、どうすればいいんでしょうか?


色んな人とタッグを組むこと。僕が言ったとしても、伝わらない層っていっぱいいるんですよね。それが、産婦人科の先生と組むと説得力を増したり、YouTuberだと拡散力があったりと、適材適所で得意とする分野があるのでいいと思います。


―ぜひ、お力添えください!


僕には僕なりの、処女の人には処女の人なりの考えがあるから面白い。なぜ処女なのか、何が不安なのかとか、意見聞きたいもん。


■今の性教育は何が本当なのか分からない



―私が受けた性教育では「キスでも性病になる可能性があるからダメです」というのもありました。


喉淋菌、喉クラミジアの人とキスしたとしても、粘膜接触じゃないからうつらない、ということは感染症医の人から聞いてます。


(※ヘルペス感染症のように皮膚と皮膚の接触でも伝播するものについては、キスする際に皮膚が接触することで感染する可能性があります。 厚生労働省 HPより)


―愛のために男性と触れ合うとかじゃなく、「あれをすると危ない」ということばかり習ったので恐怖の方が強いです。


対処方法を教えてもらわないと、どうしていいか分からなくなるよね。


■女性用AVはリアル



―対処方法が分からないからといって、AVを見ようとも思えません。


それで正解です。僕は「AVは全部ファンタジーなので、真似しないように」って言ってます。


―リアルなAVがあったら見たいと思いますけどね。


女性用のAVなら、コンドームを着けるところからありますよ。


―おすすめのAVはありますか?


「シルクラボ」じゃないでしょうか。シチュエーション別にあるので、自分の見たいものが見られる。もちろん潮吹きとか射精シーンもないし、乱暴なのもない。俺も出たことがあるけど、ネクタイとか腕時計の外し方まで、きっちり台本の中にあるんですよ。


―台本にそこまで書いてあるんですか?


はい。男性用AVだと、ネクタイを取ったら、女性の腕を縛り上げることに使ったりするんだけど。


―信じられない...!!!!


■性教育の教科書になっているAV



―AVを性の教科書にしている中学生の男の子は、いっぱいいるように思います。


中学生はそもそも見ちゃダメ。高校生も。AVって一応、18歳以上じゃないと見られないことになってるでしょ。なぜ18歳以上なのかというと、AVが全部ファンタジーということを理解できる精神年齢、ということになっているから。でも今はスマートフォンやネットが普及して、「18歳以下は見るな」と言っても無理。だから性教育をちゃんとしていかなきゃいけない。


あとは、親がちゃんと性教育をしなきゃ。今は性教育の本がたくさん出ているから、そういうのも早く読んでおく。WHOも5歳から学べる性教育の教材を出しているし。


※WHO(世界保健機関)やユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が共同発表する『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』では5歳から性教育のカリキュラムを設計している。


―実際は、大人を含めてAVを参考にしている人は、たくさんいると思います。しみけんさんは、問題意識を持っている一方で出演されている。ある意味、加担しているわけですよね。


そこはけっこう悩んでいるところではあります。例えば、僕は「AVの中でコンドームを着けるところを見せたほうがいい」と言うんですよ。でも監督は見せたくない。その場面が作業っぽくて、見ている方の気持ちが冷めてしまうからかな、と思いますね。


■「AVはファンタジーなので、真似しないでください」



―しみけんさんがメディアに出る理由は、性教育をちゃんとしたいという思いもあるのでしょうか?


もちろんあります。まず、発信力や影響力をつけてから「AVはファンタジーですよ」と言っていく方がいいかなとも思う。


18歳以上だったら、ホラー映画を見て、本当に人を殺してると思ってる人なんていない。でも幼稚園や小学生くらいの子どもだったら、信じてしまうかも。それと一緒なんです。


―しみけんさんとしては「非現実的なAVがあってもいけど、これは非現実的なものです」という理解を促したいということですか?


「全部、非現実です」って僕は言っています。


―非現実的な方がいいんですか?


現実に近い非現実です。立ち上がってパンパンやる「駅弁」というハードな体位とかはやらなくてもいいけど、「こういうこともあるんだ」っていう知見が広がる分にはいいと思う。真似しろとは言わないし、「見て楽しんでくださいね」で終わり。でも、やりたがる人もいるよね。


―しみけんさんは、プライベートでやらないこともあるんですか?


やらないことだらけです。プライベートでは、潮吹きもハードな体位もやらない。そんなパンパン腰振りません。AVは作り物ですよ。


■幼い子どもの「性への疑問」は生物学的なもの



―子どもがどんな性教育を受けていたらもっと良くなると思われますか?


水着ゾーンの話じゃない? 水着で隠れる、自分のプライバシーの部分。


―それは人に見せちゃいけないと。


お父さんお母さんであっても、そこはプライバシー。「本当に大切な人のみぞ」ということ。


あと、子どもが「お母さん、赤ちゃんてどうやってできるの?」とか「どこから来るの?」って聞かれた時のチャンスは1回だけです。


この質問をするのは、大体が5、6歳なんですが、その時に親がはっきりと答えないで「え? なんで?」って顔をすると、子どもは「ダメなこと聞いちゃったんだ」と察して、インターネットで調べるようになるんですよ。そうなると、正しい知識を入れる前に、間違った情報がインプットされちゃうからダメ。質問された親が言うべき言葉は「いい質問だね。それはどこから来ると思う?」とか「お父さんかお母さん、どっちから生まれると思う?」みたいな返事で相手を肯定してあげて、興味を持たせるのが第一なんだって。


―しみけんさんのお子さんも生まれましたもんね。あと5年くらいしたらそれを――


もっと早いかもしれないね。大人だと「性はやましいもの、いやらしいもの」と性産業に結びつけちゃうけど、子どもは純粋に「自分はどこから来たんだろう? どうやって生まれたんだろう?」って生物学的な疑問で聞いてるから、はっきり生物学的に答えるべき。




ちなみに、たかまつさんは何て答えますか? じゃあ僕が子ども役やります。


「赤ちゃんってどこから来るの?」


―赤ちゃん? そうね……。(答えに詰まる)


たかまつさん、アウトでしょ。


―― 続けてドツボにハマるたかまつ。ということで選手交代 ――


―じゃあ私が子ども役をやります。「パパ、子どもってどうやったらできるの?」


いい質問だね。なんでそんなこと思ったの?


―クラスでそういう話になったの。


じゃあ、パパとママ、どっちから生まれてくるか分かる?


―ママ。


すごい、正解。ママには3つの穴があるのは知ってるかな?


―鼻。


それも含めたら8個あるね。鼻とか耳、口のほかに、3つの穴がある。


―おしっこが出るところ。


正解。もう1つは?


―大きい方が出るところ。


そう、うんちが出る穴。最後に赤ちゃんが出る穴っていうのがあるの。


―どこにあるの?


それは、お母さんの膣というところにあるんだよ。


―初めて聞いた。


だから猫とか犬とか僕たち人間とか、どんな動物も、この赤ちゃんの出てくる穴から生まれてくる。


―そうなんだ。


どうやったらこの穴から出てくるのか? それにはママとパパが愛し合う。パパにはペニスというものがあって、ママの膣の中に入れて、射精ということをする。それで、パパの遺伝子とママの遺伝子が合体して生まれてくるんだよ。その行為をセックスって言います。僕たちの遠い祖先の人たちも、そうやって子孫を育んできて、今の動物たちもみんなそうやって家族ができていくんだよ。


―こういうお父さんに会いたかったな。よく恥ずかしがらずに言えますね。


たかまつさんだったからできたけど、息子だったらどうかな。ただ前の嫁さんとの間に娘が2人いるけど、「生理きたのか?」って話したら、「来てない」とか普通に返ってくるかな。


―勉強になりました。子どもができる要素に「パパとママが愛し合う」というのがいいなと思いました。


■体験する前に知っておくべきこと



―まだ未経験の私が、今のうちに知っておいた方がいいことはありますか?


股関節の柔軟体操はしておいた方がいいです。体は柔らかいですか?


―― たかまつ、床で開脚。固すぎるたかまつに驚くしみけんさん ――


処女1発目、それじゃ痛いですよ。毎日、風呂上がりに柔軟体操しましょう。柔らかいほどセックスの感度が高くて、固い人ほどセックスレスになりやすい。あとは水をよく飲みましょう。お茶は利尿作用があるのでダメです。


あと、セックス5回までは痛くて「何でみんなやりたがるのか分からない」って思うことが予想されるので、最初の5回以上は同じ人としてほしい。


―男の人に騙されないように気をつけることはありますか?


女性が言う前に、コンドームを自ら着ける男はいいと思います。でも、そのやり取りをしている時点で、すでに悪い男に捕まってる可能性もある。


普段の様子で見分ける方法としては、例えば「見栄を張る生き方をしていない人」がいい。高い時計をしている人、いい車に乗っている人、車の運転が乱暴な人、トレーニングジムでダンベルの扱いが乱暴な人などは、セックスの時も乱暴なことが多い。あとは、車のナンバーで1番とか8番とか、7777とかいう人もロクなもんじゃない(笑) 食べ方もそう。食事のマナーって、周りの人への気遣いだったりする。くちゃくちゃ音を立てないとか、テーブルマナーと女性へのマナーは比例します。色んなところにヒントがあります。


―vol.2は普通の性教育ではなかなか教えてもらえない、具体的な実践編をお届けします!




笑下村塾ガールズ.png
笑下アセット 2.png