top of page
  • 執筆者の写真笑下村塾

なぜ若者が選挙に関心を?スウェーデン「選挙小屋」とは?


【投票率80%超】政治家と有権者との距離を深める「選挙小屋」とは?【スウェーデン】


こんにちは、インターンのマヒロです!今回は、スウェーデンの「選挙小屋」を紹介します。

スウェーデンには、駅前などに「選挙小屋」と呼ばれる、政治家と有権者が対話する場所が、選挙が近くなると現れます。そこでは、時に大臣から候補者まで、各党の多様な政治家と対話できます。そんな「政治家と市民の距離の近さ」がスウェーデンにはあります。

スウェーデンの選挙小屋には多くの若者がおり、中学生3人組に、選挙権が無いのになぜ来たのか尋ねると、将来のために政治家が考えていることを今から学びたい、学校選挙の判断材料にしたいと言っていました。普段から政治が若者の話題に上がる、そんな日常がスウェーデンにはあるようです。


先日、そんな「選挙小屋」を日本でも見かけました。下北沢の空き地に各党から候補者が対話をしに来ていました。少しずつ日本も変わっていくかもしれないと感じさせるイベントでした。政治を話題に友人と議論すると面白い、違う考えの人と議論する魅力により多くの人が気がつけば、若者の政治への関心が高まるかもしれません。

このような選挙小屋での体験をきっかけに、政治に関心をもち、少しずつ声をあげ社会を変えていく、そんな人が増えていくことを願っています。


これからも「たかまつななチャンネル」では、多様な人の声、見えてはこない社会の現実を発信していきます。ぜひ、本動画をみて、友人と議論してみてください。




ーーーー笑下村塾よりお知らせーーーー

主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修をお待ちしております!

笑下村塾では主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修を常時お受けしております。

年度始めなどは、新入社員研修としても開催可能ですので、ぜひご興味がある方は下記までご連絡ください


小中高や大学、地方自治体、企業などさまざまな場所での開催が可能です!

詳細はこちらから

寄付募集!あなたの力で社会課題解決のために行動できる子どもを増やしませんか?

“もっとお金があれば、社会をよくできるのに。”

笑下村塾では、お金がある学校だけではなく、

地方の公立学校にも笑って学べる出張授業を届けたいと思っています。

今こうやって活動を続けられているのは、応援してくれる人がいるからこそです。

出張授業を開催する資金を集めるためにどうか、ご支援をお願いします。

※ご支援いただいたお金を使っていく無料の出張授業先の学校も募集しております。

寄付詳細はこちら









Comments


bottom of page