top of page
  • 執筆者の写真笑下村塾

尼崎市のユースカウンシルを取材しました


【子ども議会】若者が市長にプレゼンし、スケボーパークを設置!尼崎市のユースカウンシルを取材しました。【兵庫県尼崎市】


こんにちは、スタッフのヤマモトです。

今回は尼崎市立ユース交流センターへ行き、ユースカウンシルに所属する方々のお話をお伺いしました。ユースカウンシルとは子ども議会のことで、尼崎市ではどのようなプロジェクトが行われているのか、そしてどのように運営されているのかに迫りました。


尼崎市のユースカウンシルは、若者が気兼ねなく社会に参画できる街をビジョンに掲げて活動している「Up to You!」という団体が運営しているものです。尼崎市では元々「ティーンズミーティング」という形で、10代の高校生から意見を聞き、それを行政に伝えるということをやっていました。しかしそれが開催されていたのは、年に1,2回程度でした。そのため本格的に若者の声を行政に届けようと、ユースカウンシルは始まったのだそうです。


ユースカウンシルの活動は、全体で行う全体プロジェクトと、各メンバーが各々で実施する個人プロジェクトに分かれています。

全体のプロジェクトでは若者の社会参画を推進するためイベントを行ったり、それをSNSで発信したりしています。例えば、選挙権のない若者に選挙を体験してもらうため、「模擬選挙」というイベントを開催されたそうです。

そして個人プロジェクトとは、各メンバーがそれぞれ課題感を持っている社会問題について、その解決に取り組むというものです。ユースカウンシル第一期の代表のハラダさんは、ご自身の経験から、ヤングケアラー問題に関心を抱かれたそうです。そしてご自身が当事者だったからこそ「自分にしかできないことがあるんじゃないか」と思い、個人プロジェクトではヤングケアラーの支援を行っているそうです。


他にも動画内では、ユースカウンシルに入った経緯や、ユースカウンシルに入ってからの考え方の変化など、様々なことをお伺いしました。ぜひご視聴下さい。


笑下村塾では社会の問題を自分ごと化し、行動を起こせる若者を増やすことを目的とし、主権者教育を行う会社です。そしてたかまつななチャンネルでもその目的のもと、社会問題への関心を高められるような動画を発信しております。これからもYouTube上で若者に選挙へ行くことの大切さや、社会問題に対し行動を起こすことの大切さを伝える動画を作成していきます。ぜひ応援のほどよろしくお願い致します。



ーーーー笑下村塾よりお知らせーーーー

主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修をお待ちしております!

笑下村塾では主権者教育やSDGsの出張授業/企業研修を常時お受けしております。

年度始めなどは、新入社員研修としても開催可能ですので、ぜひご興味がある方は下記までご連絡ください


小中高や大学、地方自治体、企業などさまざまな場所での開催が可能です!

詳細はこちらから

寄付募集!あなたの力で社会課題解決のために行動できる子どもを増やしませんか?

“もっとお金があれば、社会をよくできるのに。”

笑下村塾では、お金がある学校だけではなく、

地方の公立学校にも笑って学べる出張授業を届けたいと思っています。

今こうやって活動を続けられているのは、応援してくれる人がいるからこそです。

出張授業を開催する資金を集めるためにどうか、ご支援をお願いします。

※ご支援いただいたお金を使っていく無料の出張授業先の学校も募集しております。

寄付詳細はこちら




コメント


bottom of page