top of page
  • 執筆者の写真笑下村塾

対立するには意味がある 明石市長の暴言の真相



今回は子育て政策で注目されている明石市「泉房穂」さんに取材をしました。


こんにちは、スタッフのマヒロです。なぜ、あのような「暴言」を吐いてしまったのか、その真意と政治家としての信念を伺いました。


【明石市長”暴言”で政治家引退  積もった怒りの真相は?】


自分は市民から選ばれ、民意を反映させる義務があると語る明石市長。市民のために使うお金を増やし、土木費を抑制。子どもたちのための「5つの無料化」や、社会に取り残されている人への支援を実現したそうです。


暴言は許されない。しかし、利権がからみ、特定の業界団体の顔色ばかり伺う議会と対立がなければ、これらの政策はなしえなかったかもしれません。


笑下村塾は、「社会問題を自分ごと化し、行動する人を増やす」ことを目指す主権者教育の企業です。選挙を通して、明石市長のように、社会を変えようとしている人の後押しをすることができます。この動画を通し、政治家の方の信念にも注目してくださると嬉しいです。


Comments


bottom of page